乳がんハゲママ日記

夫の不倫、離婚請求により離婚。 半年後がん発覚。30才で発症した若年性乳がん。治療費が高かったり、副作用が辛かったり、仕事を辞めさせられそうになったり何かと大変ですが、頑張って毎日を生きています^_^

放射線治療について2

2017年5月18日 放射線治療2日め

 

 

昨日の身体のダルさは、一晩眠って良くなっていました

そしてこの日も昨日と同じ治療をしました。

その後ドクターとの診察。皮膚のチェックをしてもらいました。

ちなみにこのドクターの診察は、放射線治療の間ずっと、1週間に1度あります

そして気になるダルさは、特に感じられませんでした

 

そういえばこの頃から玄米少量食べ始めるようになりました。(少量です!多くは食べません。)というか以前から食べていたのですが、放射線治療が始まったあたりから、5分付き玄米(5割精米したお米)を3に対し、玄米を1の割合で食べ始めました。

なぜそうしたかというと、この玄米、セシウムストロンチウムなどの放射性物質を排出する、という話があるのです。確かな情報なのかはわかりませんが、放射線治療の副作用に対抗しようと思い、治療前から食べ始めていました。

 

また、がんにも良いという著書も出ており、乳がんと告知されてから食べ始めるようになりました。

 

ただこの玄米、選び方や、炊き方が少し面倒なんですよ。私も本を見ながら、炊くようにしました。

↓下記参照。

 

がん患者は玄米を食べなさい 科学が証明した「アポトーシス&免疫活性」のすごい力 ...
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/6/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

玄米の炊き方については後ろのほうに載っています。前にはずっとがんについてや、現代医療の疑問、玄米の栄養素・パワーについて書かれています。

賛否両論があるかと思いますし、 私も賛成派、反対派どちらとも言えませんが、日本人が以前ずっと食べてきていた玄米の本ということで興味を持ちました。

ただ5分付き3、玄米1で食べてすぐ少し下痢になってしまいました。

そのため、7分つき玄米(7割精米してあるお米。)に切り替えました。

持病がある方もそうですし、そうでない方にも言えると思いますが、一度に食生活を変えるのはまずいと思いました。

私も告知される前はずっと精米でしたから、告知されてすぐも7分つき玄米(7割精米してあるお米。)のみを食べていました。

話が逸れてすみません。つい「食事」について語ってしまいました。

目に見えてガンが消えてるとか、放射線の副作用が除去できてるのが分かるとかいうわけではありませんが、がんを告知される前の自分の食生活を見直しながら、少しずつ食生活を変えていきたいと思います。

あっ、それと玄米を選ぶ時はちゃんと発芽するものを選んでいます!発芽しない玄米は

 よくないそうですよ。

 

2017年5月19日 放射線治療3日め~12日め

 

皮膚はまだ赤くなっていませんでしたが、治療が終わるとやはり少しダルかったです。

看護師さんから、ストレスが溜まるとよく出てくる左腕のみみず腫れのようなものについて指摘されました。一緒に居た技師さんにも「あれ?ほんとだね。リンパに沿ってできてるみたい。」と言われました。

 

それと、看護師さんから左胸を洗う時は弱酸性で泡を立てて優しく洗うようにと教えられていたので実践していました。

 

 

2017年6月2日 放射線治療13回日め~

 

 ダルさを強く感じる時が出てきました。

この頃は治療が終ってすぐ起こるというより、いつ起こすか分からなかったです

しかも、同時にめまいと吐き気を起こし、立っていることも座っていることもできなくなりました。

これがいつくるか分からないものですから、けっこう怖かったです。

息子を習い事のプールへ連れて行った時、見学席で調子が悪くなり、ひとり車に戻り、ずっと横になっていた時もありました。

ただ、 変に緊張したり、人に気を使ったときに急に出てくることが多かった気がします。

 

 

2017年6月8日 放射線治療17日め

 

 

 診察があったため、急にめまいを起こすことがあることを伝えました。

先生と看護師さんは「循環動態の問題かな?」と言いました。

女性は特に血液を足から上は押し上げる力が弱いため、立ち眩みを起こしやすいらしいです。立ちっぱなしの時や、座っている時など、同じ体勢でいないようにと言われました。

 

また他の看護師さんは、「私も昔あったよ。緊張した話をしていた時だった。緊張すると血管が収縮するもんでそうなるんだよ。」と話してくださいました。

 

 放射線治療について3に続く‥

 

 

 

フリーアナウンサー小林麻央さんが、昨日自宅で息を引き取ったとのニュースを聞きました。

なんというか‥今涙が止まりません。同世代で乳がんを発症。同じ幼いこどもの母として、様々なことに共感しましたし、体調が良くなるように心から願っていました。

私自身、去年7月のあの日、入浴中に見つけたあのしこりを、もしそのまま放置していたら、麻央さんと同じことになっていたと思います。

自分は本当に運がよかったのだと、恵まれていたのだと痛感しています。

まだ再発の危険性、胸腺腫の疑いなど様々な問題を抱えていますが、麻央さんの分も精一杯生き、そして、乳がんについて、早期発見の大切さについて伝え続けていきたいと思います。

麻央さん、心からご冥福をお祈りいたします‥