乳がんハゲママ日記

夫の不倫、離婚請求により離婚。 半年後がん発覚。30才で発症した若年性乳がん。治療費が高かったり、副作用が辛かったり、仕事を辞めさせられそうになったり何かと大変ですが、頑張って毎日を生きています^_^

抗がん剤(EC療法)3回目 

前回書き忘れましたが、抗がん剤使用中は、できるだけ体を冷やさないようにしていました。

というのは、以前からお世話になっている知り合いから、「抗がん剤がよく効くように体を冷やさないようにね。」と言われていたからです。

他の患者さんにもこれが適応するのかわかりませんが、私に関してはこれのおかげなのか、1回目の抗がん剤後、腫瘍の厚さが

4mm

薄くなっていました。

 

 

そして10月5日、今回の抗がん剤は前回より吐き気が楽だったです。(回数を重ねたからでしょうか?)

ただそれがなかった分、だるさは強く感じ、便秘も多少ありました。投与当日は、布団でほぼ寝たきりでした。

 

ただ次の日は、食事も朝昼晩と摂れ、間食にカップケーキも食べるくらいでした。

 

 

この頃は食事の栄養バランスに気を付け、食べたものを毎日記録するようにしていました。

また、身体を暖めるためのグッズを作ったり、息子の行事(運動会です^▽^)に参加したりしていました。

 

このグッズというのは、玄米を厚めの布に入れた物で、電子レンジで温めます。遠赤外線効果で体をじんわり温めるのだそうです。

 

 

またテレビ「ためして〇ッテン」で、ストレスの改善に「瞑想」を行うといいと聞き、

試してみることにしました。

まず、足を組み、両手を重ねます。そして目を瞑り他のことは考えず、呼吸にのみ意識を向けます。

人間というのは常に過去の後悔や将来の不安を考えているんだそうで、呼吸に意識を向けることによって、それらを忘れさせるのだそうです。

 

やってみると、頭がとてもすっきりし、気持ちが晴れやかになりました。

普段いかに余計なことばかり考えているのかってことですよね(笑)

 

ただこれ、病人には キツイ時もあります。体を起こした状態で、同じ体勢で動かずにいるのは10分ともちません。

身体の調子を見ながら、時間を短くしたり等、調整しながらやっていきたいと思いました。

 

口内炎予防のために歯磨きをまめにするように、と歯科の先生に言われていました。ですが抗がん剤を使用中は口の中に物を入れるのは辛かったため、この歯ブラシを使ってました。さっと磨けるのがよかったです。